注文住宅を成功させるために!注文住宅を建てる際に知っておきたいポイントを紹介

当サイトは注文住宅を成功させるために役立つ情報をご紹介しています。
注文建築の住宅を建てる際に知っておきたいポイントを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
オーダーメイドの住宅もトラブルが生じる可能性があるので、アフターサービスがあると安心です。
住宅メーカーを選ぶ際には注目しておきたいところです。
また注文建築の住宅で導入したい設備についても触れています。
快適に暮らせるような設備を検討する際に役立つはずです。

注文住宅を成功させるために!注文住宅を建てる際に知っておきたいポイントを紹介

初めての注文住宅作りをするので、成功させるためのポイントを知りたいという人は多いのではないでしょうか。
自由に家が建てられると思われている注文住宅ですが、建てるときには制約がある点も知っておきたいところです。
というのも土地によって建ぺい率や日照の決まりあるほか、安全性のための建築の規制もあります。
また快適に暮らせるような間取りにすることが大切なので、良く担当者に相談をして決めるようにすることがポイントです。

東京で注文住宅を建てる際の費用相場

注文住宅を建てる際の費用は、住宅の大きさやエリアなどによって大きく異なりますが、東京は全国で最も費用がかかるエリアとなっています。
住宅金融支援機構がフラット35の利用者を対象に実施した調査によると、2020年度に土地付き注文住宅を購入した方の平均金額は全国では4,397万円となっていますが、首都圏に限定すると5,162万円でした。
また、土地を購入しない場合の平均金額は、全国で3,534万円であるのに対し、首都圏では3,808万円となっています。
このように、全国と比べると首都圏では、土地付きで800万円ほど、土地なしでも300万円ほど高くなっていますが、この調査では首都圏を一括りにして費用を出しているので、東京のみに限定すれば上記した以上の金額になる可能性が高いです。
これは土地の値段が高いことや、土地が狭いために通常よりも費用がかかる3階建て住宅を建てる方が多いこと、他のエリアよりも世帯年収が高いことなどが影響しているためだと考えられます。

注文住宅で失敗しないための土地選び

注文住宅とはあらゆる面で建築主の要望を取り入れることが可能な住宅で、そのような意味合いからも建築場所をどこにするかも決定するのも許容される範囲内なのです。
通勤や通学と日常生活を送るのに便利な場所であるか、取り巻く環境が思い描いている通りであるかも大きな要素のひとつになります。
ただ、その敷地を購入するのであれば、まず問題になるのが資金面で支払いが可能かになります。
この資金面には、これから建築する建物も含めて考える必要があるのです。
また、その敷地に希望通りの家を建てられるか、建築基準法を順守できるかどうかも大きな問題です。
資金面や法的な問題をクリアしても、住環境の中には建築したい家が街並みに合うかも検討しなければなりません。
そのためには建てたい家がどのような家なのか、ある程度の構想をまとめておく必要があります。
それだけではなく水道や電気等のライフラインも、心配なく引っ込めるかも考慮しなければならないことになるのです。
注文住宅を建てるためには、その土地をどこにするかをまずは決定しなければなりません。
理想通りの家を建てるためには、失敗しない土地選びからスタートするという事を念頭に置かなければならないのです。

注文住宅が完成するまでの流れについて

注文住宅は設計の自由度が高い分、綿密な計画を立てるなどして、入念な準備が求められます。
これを怠ると、完成まで長期化したり、余計な建築コストがかかるなど、予想外のリスクが生じかねません。
そこでまずは注文住宅が完成するまでの大まかな流れを知っておくことで、その後の計画もイメージしやすくなるはずです。
最初の段階では、自分たちが望む家のイメージを明確にすることが大事。
そこで住宅のデザインや立地あるいは周辺環境など、できるだけ具体的に絞り込んでいきます。
次に重要になるのが、予算と資金計画。
現在の自己資金をよく把握した上で、土地代や建物代に加え、調査費や工事費さらに引っ越しや家具類等の費用まで、総合的な視点で予算の目処を立てます。
続いて自分たちの目的や条件に合った業者を選びます。
一口に業者といっても、大手のハウスメーカーから地元の小さい工務店まで多種多様。
それぞれ特徴やメリットおよびデメリットが異なるので、しっかり調べましょう。
業者を選んだら、土地購入の契約や建築請負契約、そして建物のプランニングへと進みます。
建物のプランニングではあらかじめ検討した家のイメージをしっかり業者へ伝えましょう。
また必要であれば、住宅ローン契約やつなぎ融資も検討します。
これらの流れが済めば、着工から上棟そして竣工へ。
その後は家の引き渡し、そして入居へと至りますが、ここまで約3ヶ月から10ヶ月を目安とすべきでしょう。

注文住宅は余裕を持ったスケジュールにするべき

注文住宅の大きなメリットとして、設計の自由度が高いことが知られます。
確かに自分たちのニーズや条件に合あわせて、間取りやデザインあるいは設備を決めながら、理想的な住まいを実現できる魅力は大きいといえます。
その反面、こだわりのある住まいを志向するほど、何かと手間やコストもかかりがち。
特に時間的コストについては、十分な注意が必要です。
注文住宅では土地選びからスタートし、建物のプランニングさらに資金計画やローンの検討など、着工前から業者との打ち合わせや相談を繰り返すことが少なくありません。
また着工が決まってからも、資材をオーダーメイドでメーカーから仕入れたり、施工で職人の腕に頼る部分が多いなど、規格化された建売住宅と比べて、やはり時間がかかる傾向が強いと言えます。
このように注文住宅では時間的コストの面でデメリットも目立つため、これから検討するのであれば、スケジュールにも余裕を持たせることが重要なポイントになるでしょう。

著者:池尻幸一

筆者プロフィール

三重県松阪市出身。
父親の跡を継ぎ地元で不動産関係の会社を経営。
ネットで不動産関係のお役立ち情報を発信中!松阪市 注文住宅